スタッフブログ

新着情報

2017年06月16日 14:56 大阪の空に、虹架かる。 新着情報

大阪の空は、狭いです。

晴れていても、なんだかしょんぼりした灰色で、高い建物に区切られて角々しいのです。歩いていると、真っ先に目に飛び込んでくるのは忙しそうに歩く人の顔、ビルとビル。高速道路を伝うパイプライン。それから、ざくざくの喧噪とクラクション。一寸、気を付けて空を探そうとしなければ、その存在はとても小さく感じられます。

で、時には一生懸命に首を傾げて空を探します。風の強い日には、ビルの輪郭の合間をちぎれた雲がすいすいと抜けていくのも見えます。そんな、か細い空に虹を見つけたときは、あの背の高いマルビルの宣伝塔の電光掲示板に『−速報− 大阪の空に、虹架かる!』と、流してもらって誰かに教えたくなるくらい、ちょっと嬉しくなります。

大阪の空にも、虹が架かります。

その場所、その時間、その角度からしか見えないことがあります。それが見る人によって重要な意味を持たなくっても、流動的に、激しく移り変わっていく物事のなかにおいて、時々こうして空や自然を見つめることを大切だと思うのです。


2017年03月17日 13:58 infectionか colonizationか? 〜変化しつつある、創傷部に対する消毒と治癒の考え方〜 新着情報

今回は、院内勉強会で話した内容を掲載します^^

昨今、創傷部(傷口)に対する消毒と治療の考え方が、少しずつ変わってきています。

「細菌がいること」と「細菌感染を起こしていること」は、厳密に言うと違います。例えば、皮膚には皮膚ブドウ球菌という常在菌がいますが、皮膚にブドウ球菌がいるからと言って、必ずしも感染を起こしているわけではありません。もっと言えば、腸の中には大腸菌や乳酸菌、その他沢山の細菌が生息していますが、だからと言って腸が細菌感染しているとは言わないのと同じ事なのです。

もし、体の表面に傷が出来るとします。すると、周囲の皮膚から常在菌が移動してきて、創面に侵入します。無菌の傷というのは存在しないと言っても良いですから、どんなに洗っても消毒しても傷には必ず「細菌がいる」ということになります。

パスツレラ菌や緑膿菌などの特定の病原菌を除き、通常のブドウ球菌などで組織が感染を起こすためには、通常、組織1g中に細菌が10万個〜100万個必要だと言われています。実際には、細菌の数がこれより少ないときでも感染を起こすことがあります。それは、傷の中に「異物」が存在するときで、異物には、土や泥、植物片、食べカスや口腔内汚染物などが含まれます。創内に異物があるとき、組織1gあたりの細菌数が200個程度でも、十分感染を引き起こすことが可能になります。

創傷部を消毒したときには、これと同じことが起こります。消毒によって傷の表面の細菌は一時的にいなくなりますが、数分たって消毒の効果が切れると同時に、周囲の皮膚に分布していたブドウ球菌などの常在菌が創面に移動し、このとき、異物が存在すれば、傷は元のように感染状態に陥ってしまうということなのです。

結論としては、傷を乾燥から防ぎ、消毒などによって傷部表面を傷付けない限り(消毒が悪いという訳ではないのですが、過度な消毒は組織の細胞を痛めつけることがあります)、傷に細菌がいても感染を起こさずに治っていくのです。

このように、「細菌は存在するが感染ではない状態」をColonization(コロニー形成)と言い、Infection(感染状態)とは明確に区別します。 例えそこにいる細菌がMRSAなどの悪名高い耐性菌だったとしても、感染を引き起こしていない状態があるわけですから、過度な消毒や抗菌剤の投与が無意味どころか害を及ぼしてしまうことだってあるのです。

但し、実際の医療現場では、『傷の中に細菌が10万個あるかどうか』を直接確認することはなかなか難しいですから、炎症の徴候:「腫脹」「発赤」「疼痛」「熱感」などの有無で、その傷が「感染状態」にあるかどうかを確認することが大切になってきます。


2016年11月11日 13:59 笑顔から、楽しいことがやってくる! 新着情報

笑顔になるということ。

ただそれでけにスポットを当てて考えてみましょう。

大きな口を開けて 「わっはっは」 と笑うのも、1つの笑顔ですが、にっこりするだけでも笑顔です。

口を閉じたまま、口角をきゅっと上げます。

にっこりするのは、楽しいことがなくてもできます。いつでも、どこでも、今からでもできます。楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔になるからこそ楽しくなることもあるのです。

笑顔の表情をしているうちに、気分が明るくなり、元気が出てきて 「楽しい」 という表情が作られます。すると、ポジティブな表情筋の刺激は、脳へ伝達され 「楽しんでいる」 と判断して、気持ちが明るくなる作用を生むことが分かってきています。

もしも、今日は何か落ち着かないな、最近は良いことがないな〜と思ったら、 こんな風ににっこりとした笑顔を作ってみましょう。少しずつ気持ちが落ち着き、前向きになることに気付いていく筈です^^


2016年07月09日 20:23 歯周病の初期段階 〜セルフチェックをしましょう〜 新着情報

歯周病の初期は外側から歯の状態を見ただけではわからないことが多く、痛みなどの自覚症状も乏しいため、発見が遅れがちになります。症状に気がついて受診したときには、すでにかなり進行していることも少なくありません。

早期発見のために歯周病の症状を理解し、定期的にセルフチェックする習慣をつけましょう。

自分でチェックする際のポイントをまとめました。ここに挙げた症状のうち、歯肉の軽い腫れやむずがゆさ、ブラッシング時の出血などは、初期から起こりやすい症状です。進行するにつれて、口臭や口の中の粘つき、歯肉を押すと膿や血が出るといった症状が見られるようになります。

簡単にわかる症状のポイント

【ポイント1 歯肉の色】
 鏡を見ながら、そっと下唇をめくり返してみましょう。このとき無理に唇をひっぱらないようにしてください。唇の裏側の淡いピンク色と、歯肉の色を比べてみて、歯肉の色が唇の裏側よりも一段薄ければ合格。唇の裏側と同じくらいだったり、やや濃い、濃淡があるという場合は要注意です。
 同じように上側の歯肉も、上唇の裏側と比較してみましょう。

【ポイント2 歯肉の腫れ】
 「歯の間の歯肉が目立って赤い」「歯を取り巻く歯肉に1ミリほどの幅の赤い縁どりがある」場合は、初期の歯肉炎の疑いがあります。
 進行すると「赤い色が濃くなる」「厚ぼったくなる」「ぷくっとした丸みが出る」「歯肉が柔らかくたるむ」といった症状が現れます。

【ポイント3 出血】
 ブラッシングのとき、歯と歯肉の境い目から血がにじんだり、歯ブラシが赤く染まるのは、歯周病の兆候です。りんごをかじると血が出る場合は、進行している可能性があります。

【ポイント4 口臭】
 歯周病が進行すると、歯肉から排出される膿のために、独特のイヤなにおいが発生します。かなりのにおいですが、自分では慣れてしまってなかなかわかりません。また周囲の人が口臭に気づいたとしてもなかなか本人には言いづらいものです。家族などごく親しい人に「私の口、におわない?」と聞いてみましょう。
 パートナーやお子さん、お孫さんに口臭を指摘されて歯科医院を受診したことが、歯周病発見のきっかけになるケースは少なくありません。口臭外来のあるクリニックから歯周病専門医に紹介されてくるケースもあります。

【ポイント5 歯並び】
 歯周病がかなり進行すると、歯槽骨が吸収され、歯がグラつくようになります。このような不安定な状態で噛み続けていると、歯が動き、歯並びが悪くなっていきます。きちんと噛めなくなりますし、容貌まで変わってしまうこともあるのです。

 

いかがだったでしょうか。

『あっ、当てはまる…。』 と思われた方は、是非一度ご来院下さいね。


2016年01月25日 16:04 あごの話と、冬の詩。 新着情報

ただいまぁ と君

玄関で雪を払ったら いやなことも一緒に落ちた

手を洗ってうがいをしたら 心配ごともまとめて流れた

こたつのおともにぐにゃぐにゃの猫と

押すとぺこぺこしたみかん

幸せだね

幸せとはこういうことだね と君

今はむかし、疎覚えですが寒い冬に心にしみる詩を一節、ご紹介です。

つい歯を食いしばってしまいそうなくらい、寒い寒い日が続きます。 決まってこの季節になると、アゴ (顎関節) が重くなったり痛くなる方がいらっしゃいます。身を縮こめてしまうその一瞬、噛む力をふっと抜いてみて下さい。

縮んでいた筋肉 (咬筋) が緩み、血流が良くなりますよ^^


2016年01月12日 09:14 一年の、はじまりに。 新着情報

一月の院内目標は、『ご来院される方の目線に立って物事を見る。』 ーです。

 

兎角、クリニック内にいると、それが当たり前の日常風景となってしまうことがあります。私達から見れば、何もかわらないと思っていても、数ヶ月ぶりにいらっしゃる患者さまから見れば  “あれ??” と、すぐにお察しになるものです。

 

清潔不潔は言わずもがな。一寸の心配りが、クリニックに息吹きと心とを与えてくれるものだと思います。

 

ちなみに、私個人の抱負は『何事にも、正面からまっすぐに。』 ーです。

 

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。


2015年10月17日 15:12 院内勉強会 (風景) 新着情報

院内勉強会の風景です。講師はstraumann Japan (インプラント)の美馬さんです。

みんな熱心に聴いていますね。定期的な勉強会は新しい知識を得るだけではなく、例えば勘違いして覚えていたことや、頭の引き出しのなかにある古い記憶を整理し、更新することにも大いに役立ちます。

 

大きな啓発はなくとも1歩ずつ、着実に成長していきましょう^^

 

 


2015年06月02日 14:12 梅雨入りと、雨滴。 新着情報

もうじき、梅雨入りです。梅雨と言えば、最近ふと気付いたことがあります。“クサリトイ”が余り見かけられなくなったということです。

 

漢字で書くと、“鎖樋”。

玄関先の屋根から垂れ下がっている『あの鎖』と言えば、みなさんも目にされた事があるのではないでしょうか。鎖が屋根の端から吊り下がっているのは、雨水を受けてつたわせ、地上に流すことで天井(家根)に水が貯留することを防いでいるという役割があるそうです。形も、複雑なリング状になったもの、鐘型になったものなど色んな形状をしたクサリトイがありました。でもここ最近では、見た目もスマートな樹脂製の雨樋にすっかりお株を奪われて、見かける事も少なくなってきたようです。

気付いたときには、「あれ、クサリトイって最近見ないな。」という感じで、寡黙に、でも確かにその数を減らしてきています。(幼い頃にはぶら下がったり、引っ張ったりして叱られたこともありましたが…) 旧き良き風景が失われていくようで、少し寂しい気もしますね。

風受けて 梅霖(ばいりん)踊る 鎖樋

梅雨の入り。雨の日が続いても、ぽたりぽたり静かに樋をつたう滴を見るのも、また悪くはないものです。


2015年05月22日 10:11 さつきのうたたね。 新着情報

最近、夢のなかでもよくお仕事をしているようです。

 

明け方、「はい。ぎゅうっと噛んで下さい。」という背景不明の寝言で目を覚ましました。余りに大きな声で喋ったので、自分の声に驚き起き上がりました。もちろん、その夢のストーリー詳細は分かりませんが、仕事の内容であろうことだけは朧げに覚えています。

 

さて、再び眼を閉じて微睡むこと数時間。ピピピ…ピピピ…ピピピ…という目覚ましのアラームに向かって、今度は「はい。じゃあ、ちょっと様子みましょう。」と言うとほぼ同時に「いや、様子みてないで早く起きなさいな。」と、頭のなかで冷ややかな諌めつっこみ。お陰様で、今朝もきっちり目覚めることが出来ました。

 

よし。今日もお仕事、頑張ります!


2015年04月11日 13:10 心に一燈、持っていますか。 新着情報

先生は、心に残る言葉がありますかー?

最近、こんなことを聞かれました。

 

一燈を提げて暗夜を行け

暗夜を憂うること勿 (なか) れ

ただ、一燈を頼め

(言志四録)

 

たった一つの提灯をぶらさげて夜道を歩くことに不安がるな。ただその提灯の灯りのみを頼りにして、前進すればいい。

 

分かり易く転じれば、生きて行く上では、色々な憂い事を抱えることもあるだろう。だが、自分がこの道だと信じた道を行けばいい。 誰もが暗闇は不安だが、朝の来ない夜もない。一つの信念を頼りに進むことこそが、やがて道を拓いていくのだ。と、いうところでしょう。

 

良くも悪くも、現在の全ては過去の小さな小さな積み重ねの賜物で、そして未来のすべては、現在からの積み重ね次第で、好転も暗転もする。過去を憂い、未来を悲観するよりも、現在を、建設的に創造していくことが大切なのだと。

 

肝はすべて今、“内省を糧に” 未来へ進むことなのではないかと思います。

 

私の、心のアンカーになっている言葉のひとつです。


ご相談・ご予約等は、お電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。